高雄・瑞豐夜市でおいしかったものその2、シーフード!

高雄・瑞豐夜市でおいしかったものその2、シーフード!

高雄の瑞豐(ルイフォン)夜市のラスト記事です。
記事1 記事2

 

フライドチキンを堪能したあと、次に食べる物を探してぷらぷら〜。

まだ満腹なってへんのかい!というツッコミが聞こえそうですが。

 

高雄は海の街!なのでシーフードが新鮮で、台北よりも全然安い。

夜市の中にもシーフード屋台というか、もうレストランになってるところが数カ所ありました。

この烤大蝦(焼いたエビ )烤大生蠔(焼いたカキ)という看板に引き寄せられて近づいたら、
店の前には・・・

カキがいっぱい!!

しかも小さいやつ、10個で100元ときた。
こらもう入るしかない!

ちなみにカキのこの値段は台北ではまずありえません。
さすが高雄(^O^)/

 

夜市ってごちゃごちゃしてるし、マップとかないから場所が説明できひんのやけど
このスイカジュースの看板のお店の隣でした。

このスイカジュース19元もまず台北ではない値段。笑

 

中はちゃんとレストランになってるよー。

 

店の前にもいっぱいシーフードが並んでて、見た目からしておいしそうな感じ。

おっちゃんがその場で焼いてくれてるしね〜。

 

 

 

 

席に座ったら、メニューというかオーダー表を渡される。
(クリックで拡大)

残念ながらこういう店にはなかなか日本語メニューはありません。
英語すら怪しいんじゃないかと。

 

 

カキは1人前=10個だったので、もちろん20個で。

 

このサイズ2つきたよー。

ちょっと焼き過ぎ感あったけど、しあわせー(^O^)

 

 

それからメニュー右上のやつ、胡椒鳳螺(フージャオフォンルオ)というのは小さい巻貝を
胡椒を塗りたくってグリルして、あっつあつで出てきて
それを爪楊枝で身を出して食べるという、完全なビアフードです。

 

こんなん↓

 

貝が熱すぎてティッシュないと持てないレベル。

 

これ台湾料理やと思うけど、というか他の国で見たことないし
台北でも台湾式居酒屋の熱炒店(ラーチャオディエン)と呼ばれる系のお店で食べられるよ。

ただ店のよっては胡椒が足りてなくて物足りんとこがあるけど
ここのは胡椒バッチバチでおいしかった!

 

 

それとあと頼んだのは、メニュー左下の貝。

こんなんでした↓

 

これも超絶ビールに合う感じでおいしい!

 

 

高雄の夜市は台北とはまた違った感じで、
というかローカル感満載で、めっちゃ満喫しました!

 

お腹もいっぱーい。

 

高雄にいくことがあれば、この瑞豐夜市に行ってみてね〜。