台北の観光スポット行天宮にて無料で行ってるお祓い【收驚】とは

台北の観光スポット行天宮にて無料で行ってるお祓い【收驚】とは

3月が忙しすぎて、なんか時間に追われてます。
疲れたを言い訳に順調に糖分摂取してます。
どうもCocoです(^O^)/

 

 

 

 

台北には、と言うか台湾にはたくさんのお寺(廟・みゃお)があって、
行天宮は観光スポットにもなってますね。

台北には有名な龍山寺もあるけども、
私は落ち着いてる行天宮の方が断然好き!

スペースが広いからか、あんまりごった返してなくて、
しかも中ではお線香が禁止されてるから火が当たりそうにならないし、
お参り行くならココ!って感じで、年に数回行きます。

夜に見たらライトアップされてて、きれいなお寺。

前の段になってるとこで座って喋ったり、ぼーっとしてる人も多し。
神様に近いから落ち着くのかな。
ここはいっつも不思議に心が落ち着く場所。

 

 

 

 

行天宮にお参りに行ったことがある人なら知ってると思うけど、
端っこに出来てる謎の行列。

これ、見たことある人も多いんじゃないでしょうか。

これはね・・何に並んでるかって言うと

收驚(しょうじん)

と呼ばれる、お祓いみたいなもの。

それが何かと言うと、
驚いたのを収めるって書く文字の通りで、

例えば、見たくもないのに交通事故なんかを目にしちゃった時とか、
台湾文化(詳しく言うと台湾の道教)の考え方では
驚いた魂が体から出そうになってる状態になる。

だからボーッとするし、ふわふわするし、心がざわざわするから、
このお祓いというか儀式をしてもらって、
ちゃんと魂を体に収める、というものなんです。

 

 

 

 

今回私はちょっと前の記事にも書いたけど
NZの乱射事件でかなりへこんでしまって。

私の大好きな、あんなに平和やった街に何が起こったん!?!?って
かなーーり魂がびっくりしてて、
数日間いきなり涙が溢れたり、ボーッと考え込んでしまったりしてたんです。

で、その時にふと思いついたのがこれ、
收驚に行ってみようかなーって。

 

 

 

 

このサービスは毎日開催されていて、時間はこの通り↓
*行天宮オフィシャルサイトからお借りしました。

行天宮駅の行天宮は台北本宮で、
北投と三峽にも同じ系列のお寺があるみたい。

途中でお経を読んだりしている時間はやらないけど。
平日の夕方6時〜7時は停止時間っていうのを知ってたので、
この日は7時前に行きました。

で、この列。笑

これまだまだ少ない方で、この後どんどん人増えた!

 

 

 

 

列に並んでる間にも注意事項があります。

・静かに並ぶ、雑談しない

・携帯を触らない

・飲み食いしない

列に並んでる時からもう儀式の一部なんやろうか。
神聖な儀式なのが伝わってくるね。

まあ若い人は普通に携帯触ってたけどね( ^ω^ )
私はちゃんと守って静かーに携帯も見ずに並んでました!
えらい(^O^)/

 

 

 

 

さて、自分の番が回ってくると、
やってくれる人(だいたいおばあちゃん)に名前を聞かれる。

最初は中国語の発音で自分の本名を言ったんやけど、
元気よく

「は?」

って言われた。

台湾では「は?」は別に失礼じゃなくて、「え?」の意味。
もう慣れたけど、最初はびっくりしたよね・・。

私の名前はかなーーーり珍しい苗字なのもあり、台湾人の知ってる日本人の名前じゃないから
そりゃー聞き取れないと思う・・。

「日本人だよ」って私が中国語で言うと、おばあちゃんが「日本語の名前」って
日本語で言ったので、言われた通りに日本語発音でゆっくり伝えました。

おばあちゃんが3回くらい繰り返して、そこから儀式開始!

こんな感じで、お線香の煙を身体中につけてくれる。
一人2分くらいかな?
すぐ終わるよ。

この時、おばあちゃんは体の右側に付いてくれるので、
カバンは前に持つか下に奥とかして、右側を開けておくようにしましょう〜。

お線香の匂いが結構好きやからか、
はたまた行天宮の強い神様パワーなのか、
終わったら気持ちがすーーーっとしてました( ^ω^ )

 

 

 

 

この儀式はもちろん無料で受けれて、
少なくとも私は魂が鎮まった気がしたので。笑

行天宮に観光に行って、台湾カルチャーを味わいたい人は受けてみてもいいと思います(^O^)/

また今度心がざわざわしたら行こうかなーと思ったよ。
行天宮は私のパワースポット。
素敵なお寺やし、見にいくだけでもオススメです!