オススメ語学学校2:台湾大学の語学学校ICLP(国際華語研究所)

オススメ語学学校2:台湾大学の語学学校ICLP(国際華語研究所)

前の記事に引き続き、私が通ったもう一つの語学学校紹介。
ここは何を隠そう、台湾で一番厳しい語学学校です。

 

国際華語研究所 International Chinese Language Program (ICLP)

ウェブサイト

場所は、前記事のCLDと同じく、台湾大学内。

しかも同じビルというか校舎内にある。
CLDがそのビルの1〜2階で、ICLPが3〜4階。

この学校は上にも書いたけど、台湾で一番厳しい語学学校として有名なので
CLDにいたら、上の階に上がってく生徒を見て
ヒソヒソ「あ〜あの人、上の厳しい学校の・・。宿題多くてみんなすごい大変って聞くよね」
みたいな雰囲気がある。笑

 

CLDと何が違うのか!
私がこっちに移った理由も含めて、説明していきます。

 

⒈授業時間

CLDが1日3時間なのに比べて、こっちの学校は1日4時間。
1時間多く授業がある。

時間帯も、CLDは選ぶ時間帯からぶっ続けで3時間、ってなるのに対して
選ぶコースにもよるけど、だいたい朝の9時〜午後3時くらいまで学校にいる感じ。

12時〜1時がランチタイムなのと、
完全に学校側から振り分けられる時間割によって、空きの1時間があったりする。
例えば私は最初の2学期はずっと朝9時が最初の授業で、ラストが3時に終わるけど
11時〜12時が空いてる、とかになってた。
最後の学期だけ10時〜3時ってなったから、すごいよかったけど
生徒に選ぶ権利はありません。笑

 

⒉生徒の特徴

ICLPは開校して50年とかやったかな?
昔はアメリカのスタンフォード大学と関係があって、
スタンフォードで中国語勉強している子が留学に来る、みたいなんから始まったみたい。

なので今でもアメリカのアイビーリーグの大学と関わりがいろいろあって
そこの留学生が多い。
私が在学してた時も、YaleやらColombiaやら、ゴロゴロいました。

それから、ニュージーランドとオーストラリアの外交官を受け入れてて
その人たちが中華圏の大使館に派遣される前に、この学校で2年間中国語を徹底的に叩き込まれるらしい。

外交官の人たちは特別プログラムがあるから、あんまり同じクラスにならんかったりするけど
同い年のニュージーランドの外交官の女の子とは仲良かった!
まあでも外交官はごく少数です。5人いるかいないか?みたいな。

9月始まりで、だいたいみんな1年勉強するとして6月までの年度で
人数は80人くらい。
そのうちアイビーリーグが・・20人くらい?
外交官が少しいて、あとは台湾でもともと働いてた人、私みたいな自分の意思で仕事やめてきてる人が少数派で
残りは海外の大学(アイビーリーグ以外のアメリカ含む)からの留学生。

私が在学してた時は、日本人3人でした。

 

⒊クラス規模

クラスはCLDよりもさらに小規模で、最大4人。
毎日3つのグループクラスと、1つの個人クラスがあります。
グループクラスは最大4人(ラッキーやったら3人)で、個人クラスは先生と一対一のクラス。

私が移った理由は、ズバリこれ!
毎日1時間、先生と一対一のクラスがあるっていう事。
1時間、嫌でも先生とずーーーっと中国語で会話するから、伸びないわけがないよね。

 

ただこれ、先生と相性が悪かったら地獄の1時間になるけど。
最初の学期の先生との相性が悪くて悪くて・・。

多分その先生はアイビーリーグとかのいわゆるアカデミックな子が好きで、
一対一のクラスでも中国の歴史やとか文学やとか、そういう硬い話をするのが好きなんじゃないかと。

 

だから毎週月曜日の授業の時に

「週末はどうだった?何かしましたか?」

から会話始まってたけど

「んー、土曜日は友達とご飯行って、クラブ行って、ちょっと酔っ払ってー、楽しかった!日曜日は二日酔いでした。」

と毎週答えてた私に嫌気がさしたのでしょう。笑
「博物館に行きました」とかいう答えを期待してたんかな?
途中から冷たかったわー(^O^)

先生が嫌って思ったのはその人だけで(だって露骨に嫌われてたし笑)
次の学期の一対一の先生とか、他の先生とは友達みたいに仲良くなれて
今でも飲みに行ったりする仲!

 

⒋授業スタイル

ICLPでは、
授業の時に教科書を使いません。

どういうことかと言うと、
定期的に学習スケジュールを渡されて、毎日の勉強するスケジュールが事前に分かる。
なので、前の日にその次の日に勉強するページを理解してないといけない。

丸暗記してないといけない、って事はないけど
文章のだいたいの内容を理解して、単語とかは覚えておく。

授業の時は会話オンリー。

先生によって多少はスタイルが違うけど、
その日の課題になってる教科書の部分に基づいて、
一切教科書開かないで、

「ではこの時この登場人物はどういう行動をしましたか?」
「その時に彼はどう思いましたか?」

みたいな質問に全て口頭で答えていく、というスタイル。

なので、毎日家できっちりと勉強しないといけないのです。
作文なんかも多いし、小さいスピーチなんかもチャプターごとにある。

ウワサは本当で、
宿題死ぬほど多い(^O^)

 

⒌校内ルール

校内のルールはただ一つ。

中国語以外の言語禁止!

ってカベにも貼ってあるし、実際に休み時間に英語で会話したら先生に怒られる・・・。
何回怒られたことか。
あまりにも何回も注意されてると、退学に繋がる恐れもある、って最初の説明会で言われる。こわっ

 

これね、中国語が上達したら問題ないんやけどね。
最初のうちはそんな対した事中国語で言えないから、
アメリカンのクラスメイトと朝学校で会って

「おはよう!」

「おはよう!元気?」

「うん元気、クラス行く?」

「行く!一緒に行こう!」

程度の会話しかできません。笑

昼休みに学校から一歩出たら、みんな英語でマシンガントークしだす、と。
そんな毎日。

 

⒍学費

ICLPは台湾で一番厳しい語学学校、と言われてるとともに
一番高い学校でもあります。

詳しくはウェブサイトにのってるけど、
CLDの3倍と思ってもらえれば・・。

クオリティは見合うから、納得した上で私は自分への投資やと思ってこの学校にした。
高かったけど・・。くっそ高かったけど。

今もしもう一回語学学校に通うのであれば、この値段は無理。笑
4年前は国移る!とか勢いがあったんやなきっと。

でも一切後悔はしてません。
むしろ得たものがすごく多くて、行ってよかったと思ってる。

 

⒎クラスの種類

学費が高い理由は、一対一のクラスが毎日あるっていうのもあるけど
クラスの選択肢の多さもある。

普通の語学学校は、1学期で一つの教科書を使って「言語」を勉強するけど
この学校は「言語プラスα」の授業があるんです。

レベルが低いうちは選べなくて、中国語をまず習得するけど、
上がってきたら

・映画→中国語の映画を見て内容ディスカッション
・ビジネス中国語
・ラジオ→中国語ラジオを聞いて内容をディスカッション
・中国古典文学(レベルかなり上)
・台湾語

など!いろいろと選べます。
台湾語はレベルが足りなくて習えなかったけど、いつか習いたいなー。

ちなみに私は最後の学期でもちろん映画授業を選択して
宿題はお題の映画を見る事
というので、少しラクしたのでした。

 

⒏ICLPで得たもの

得たもの1:中国語
もちろん。
すごい勢いで上達した。

2013年8月、CLDに3ヶ月通った状態でICLPに行く前にはほとんど話せなかったのに
同じ年の10月には簡単な会話なら問題なくなってた。

校内で英語・日本語禁止、毎日先生と二人っきりで1時間、の効果はすごいです。
9ヶ月通ったあとは、日常会話はだいたいできるようになったし、
少し難しいビジネス用語なんかも分かるようになってた。

 

得たものその2:友達

ICLPでは、信じられんくらい良い友達に出会えた。
みんなほとんど母国に帰ったり、次の国に行ったりして台湾を離れたけど。
数人残ってて、その人たちとは今でもすごい良い友達。

それから、世界各国からみんな来てたから、世界中に友達ができた!

遊びに行ったら会えるし、泊めてくれるやろうし
台湾に遊びに来た時はうちに泊めてあげるし、これからもずっと付き合っていくんやろうな。

これはほんの一部やけど。(先生もいるけど)

楽しそうでしょ?
みんなで「宿題多い!」「単語覚えれない!」ってブーブー言いながら9ヶ月がんばったから、学期末には全員ですごい仲良くなれたな〜。

パーティーもいっぱいしたし。
日本にも一緒に行って、

プリクラ撮ったし。笑

 

これはこの学校の魔法かなんか?っていうくらい、素敵な人たちに出会えまくった時期でした。
正直なところ、CLDとはクラスメイトとのつながりの重さが全然違う。
私はとりあえず仕事探しながら台湾に残る、っていう時に
ほとんど全員台湾を離れた時はほんまに辛かった。

でも今でもFBやらで連絡取れるし、彼らの国に行ったら会ってくれるでしょう。

 

まとめとしては、ICLPは

  • 本気で中国語を短期間で上達させたい人
  • (もともと勉強してて)古典などの特別な分野で勉強したい人

にオススメします!

というか、今度この二つの学校の比較まとめ記事書きます。
だらだら書いてても分かりにくいよね。

 

CLDとICLPの二つの学校について、質問等あればコメント、メール、FBページなどでいつでも聞いてください♪(´ε` )