旧正月前の2週間だけ!迪化街に現れるお正月マーケット★迪化街 年貨大街★

旧正月前の2週間だけ!迪化街に現れるお正月マーケット★迪化街 年貨大街★

台湾の旧正月って、みなさんどんなイメージですか?

私は台湾に来るまで正直、一切想像できませんでした。
真っ赤な「福」の字が逆さまに書いてある飾りをつけたりするのは知ってたし、
中華圏では大型連休になるのも知ってたけど。

でも単なるホリデーってイメージだったので、
実際には「大晦日の日」があって、そっから旧暦の元旦になり、
親子間でお年玉(紅包)をあげたり、スペシャルフードを食べたり・・っていうのは、移住してから知りました。
日本のお正月と似てるけど、日本よりももっとみなさん伝統を大事にしてるイメージ。

私は外国人で、台湾人のパートナーがいるわけではないので
旧正月はゴーストタウンの台北で超暇になるので、ほぼ毎年出国しちゃってて・・。
なので、台湾人家庭で旧正月を過ごしたことはない。

 

 

 

 

ちょっとでも旧正月気分を味わうために!

前々から存在は知ってたけど、今年はじめて
旧正月マーケット(年貨大街)に行ってきました\(^o^)/

予想以上に楽しかったから、見どころ紹介します!
(写真は全部クリックで拡大可)

場所は、みんな大好き迪化街。
普段はオールドストリートとして観光客にも大人気スポットが、
この時期はホコ天になって、ひたすら屋台で埋め尽くされます。

台北 迪化街 年貨大街2019

開催期間:1月18日~2月3日
開催時間:14:00~23:00
場所:迪化街

 

写真のちょうちんがある所は、南京東路側の入り口。
迪化街の一番メイン入り口のとこですね。

この日私達がついたのは、午後6時ちょっと前かな。
あったかい日だったのもあって、人・人・人!!!
夜市みたい。

さて、こっから北上していくよー。

 

 

 

 

その前に!

この時期、このマーケットには写真で見るようにたくさんの人が来るんやけど
台北中のスリも集まるらしいです。
そりゃそうなるよね(^○^)

なので、行く方はカバンを前に回す、スマホをパンツの後ろポケットに入れない、など注意してね。

 

さて、一応警戒しながら進んでくと、お菓子屋さんがたくさん目につく。

外国のスーパーで量り売りしてるLolliesがいっぱい。

こんな小袋に入ったチョコとかマシュマロとか。
結構日本製とか外国製が多かったから、買わなかったけど。

旧正月は、「これからの一年、食べ物に困らないように」って願いを込めて
いろんな食べ物と、お菓子をたーーーーーっくさん用意するみたい。

食っちゃ寝、食っちゃ寝~~~するんかな。

これはイカ団子にしか見えへんけど、台湾の伝統的なお菓子。名前知らんけど。

味見させてもらったけど(マーケットではほとんど味見可能)
原料がゴマ、ピーナッツ、豆類とかの体に良さそうな系で、
ナイフで切ったらさくっと切れるみたいな。
なんていうの、これ。
優しい甘さでおいしかった(^○^)

こちらはドライベジ・ドライフルーツの量り売り。

ここもひたすら味見できる!!!
なんなら味見でお腹いっぱいになるくらい。

もともと台湾で買うドライベジ、ドライフルーツ好きやねんけど
ここは好きなものを好きなだけ買えたので、
・しいたけ
・インゲン
・グァバ
・りんご
を少量ずつ買いました。

これって揚げてないよね?ドライしただけよね?
ボリボリ食べてたら3日くらいでなくなったんですけど。
もっと買えばよかったかも。

でも、ドライベジとドライフルーツはこのお店でいつでも買えるよ↓

台北・迪化街でお土産を探すなら絶対ここ!ハズレなしでおいしいものが買えるお土産屋さん★新點子食品 Fresh Idea Food★

この時は母が台湾へ来てて、お土産も探しに↑このお店も行ったんやけど。

親切でジェントルマンのオーナーさんが、
「マーケットで食べ物買う時は気をつけるんだよー」っていう。
詳しく聞いたら、

「マーケットにこの時期出るお店は、
一年間の売れ残りをさばいちゃうから、

賞味期限を絶対見てね!
中には古い食品を売ってる業者もいるから・・(-_-;)」

とのこと。

ええええ、思いっきりドライベジ買っちゃったけど~~~と思ったけど。
まあおいしく食べれたし、見た感じ問題なさそうでした。

ただ、確かに写真にあるようにオープンエアの所で売ってるから
ホコリかぶってたりっていうのはあるかもしれないけど。

 

 

 

 

母上がおっちゃんのお店でお土産を買ったところで、もうちょっとぷらぷら。

これはなんかおもちゃのたたき売り!

旧正月期間は子供におもちゃ買ってあげたりするのかな?
それとも単にセールなん?
マイクつけて、台湾語ででっかい声で、定規を机に叩きつけながら実演販売やってた。

おもちゃは置いといて、私が見入ってしまったのはこちら。

紅包の封筒!!

すごーーーーいきれいやったんやけど!!
赤じゃなくてもOKなのかは謎ですが、ダブルハピネスのきれいな封筒。

このきれいさで、一枚20元!
数枚買いに行こうかな。

同じブース内で、旧正月の飾りもいっぱいあったよ。

来年は台湾ではイノシシ年ではなく、豚年!
やからいたるところに豚がおる。

この豚ちゃんがトレードミル乗って「瘦」って書いてあるの、いいね。
私も部屋に貼っとこうかな・・。\(^o^)/

 

 

 

 

インスタの方に実はこのマーケットの様子をアップしてます。
こういうのはビデオで見たほうが雰囲気分かるよね。

 

View this post on Instagram

 

Cocoさん(@cocointwgram)がシェアした投稿

ぜひビデオ再生してみてね。

ビデオでも分かるように、夜市みたいな食べ物屋台もいーーーーっぱい!
今回食べたものは、

一口ぎょうざ!

これおいしかったーーーー\(^o^)/
ソースとかも絶妙でした。

あとこいつ。

中国語では「魚拓焼」って書いてあって、思わず笑ってしまったけど、たいやき。

たい焼きなんか日本で食べれるやん?って思うでしょ。
ここではもちろん普通のあんこのも売ってたけど、
ネクストレベルなたい焼きもあったのです。

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

なんと・・・

 

 

 

 

タピオカクリーム味

ついにたい焼きにまでタピオカが入る時代になったんですね。
何にでもタピオカ入れたらええと思ってるんやろうか。

まあ、タピオカ入ってたからオカンが食いついたわけやけど。

焼く時に店のおっちゃんがタピオカ流し込んでいくのがちょっとおもしろかった。

これは一つ50元、他にもチョコ味なんかもあったよ!(タピオカ入はクリームだけかも)
そして場所は、南京東路上、迪化街の入り口にほどちかい所にある手芸屋さんの前でした。

味はというと、
クリームはもちろん超おいしくて、
それプラス暖かいタピオカが入ってくるから、不思議な食感やった。笑
日本にはなさそうやし、食べてみるの全然アリです\(^o^)/

 

 

 

 

そんなこんなで楽しかったお正月マーケット。

今年は2月3日まで。
毎年旧正月前の2~3週間のみ開催されるから、この時期に台北にいる方は是非!

・スリが多いから荷物に注意を払う
・マーケット部分(迪化街に普段はない屋台のお店)で売られてる食品は新鮮さに注意する

この2点だけ注意して、見に行ってみてください!
お正月前の活気が感じられて、楽しかったーーー(^○^)