台北の松菸誠品近くのおしゃれなお店。台湾でクオリティ高い手作りの革靴を買うならここ一択!★林果良品 Oringo Shoes★【PR記事】

台北の松菸誠品近くのおしゃれなお店。台湾でクオリティ高い手作りの革靴を買うならここ一択!★林果良品 Oringo Shoes★【PR記事】

三度の飯より服が好き!
って前も書いた気がするけど、ほんまにめっちゃ服が好きで、
色んなアイテムが増えすぎて収納の少ないこの家に収まりきらなくなってきています。
どうもCocoです。

 

 

 

今回の記事は!!
気合い入ってるよ!

前々より、台湾のレストランなどにお招きいただくことがあるのですが
今回はなんと、おっしゃれーーーーーな革靴専門店からお招きしてもらいましたー!
おしゃれ番長なん認められたってこと??
ポジティブなのが取り柄です(^O^)

このオファーが嬉しかったのには理由があって、
台湾に来てからというもの・・
台北は都会なので車なし生活で、歩く量が結構多いんですよね。
駅の間隔も台北の中心は狭いから、ダイエットも兼ねて二駅くらいなら歩いちゃおう〜って思うし、
なんなら職場から家までの3.5kmくらいも歩いて帰っちゃうこともあり、
靴を履き潰すスピードがすごい!!

イコール、この数年は安い靴しか買ってなかった!

高い靴買っても、すぐにダメになってしまったら嫌やったので・・。
そんな中、クオリティの高い職人さん手作りの革靴店からオファーをもらったので、
めっちゃ嬉しくて。
ワクワクしながら行ってきたよー!

 

 

 

 

お邪魔したのは、林果良品さんというブランド。

本店は中山にあるけど、今回はMRT國父紀念館近くの
松菸という誠品書店がある所のすぐそばの店舗に行かせてもらいました。

一見カフェ!?と思うような素敵な店舗。
こういう雰囲気ほんまに好きーーーー!

ドアの前が植物いっぱいでナイス。

お店の詳細↓

林果良品 Oringo 松菸概念店
Webサイト(中国語)
Webサイト(日本語ページ)
住所:台北市信義區忠孝東路四段553巷46弄9號
営業時間:12:00〜21:30
定休日:なし

 

忠孝東路553巷を誠品書店の方に向かって歩いて行って、
奥の方を右折したらすぐ。

この矢印が伸びてる小さい路地にあるよ。

この辺りはカフェが多いイメージ(しかも超おしゃれカフェ)やったので、
ここにこんな素敵な革靴屋さんがあるなんて知らんかった!

 

 

 

 

素敵な外観のお店は、だいたい中も期待を裏切らないよね。
一歩踏み入れたら、内装もすっごいおしゃれで圧倒されます。

これがまさにドアを開けた時に飛び込んでくる景色。

私は個人的に木をたくさん使った内装が好きなので、ここはもうドンピシャで好み!!
こんな家に住みたい!っていうレベル。笑

このお店で適当に写真を撮って、貼り付けるだけでおしゃれ記事が完成しそう。

かなり広い空間で、試着用にソファも何個か置いてあり、
スペーシャスなので落ち着いて買い物できるよ。

 

 

 

 

林果良品は2006年にできたブランドで、本店は中山にあるお店。
台北に2店舗で、あとは台中に1店舗あります。

元々は男性用の靴のブランドだったため、今でも商品には男性物の方が多くて、中山店は男性用のみ。
今回私が行った店舗の方には女性用も置いてあるよ。

これとか女性用。
女性用は若干丸みを帯びたフォームしてるけど、かっこいいよね(^O^)

全ての商品が台湾の職人さんの手によって作られていて、
製作時間は30日~45日ほど!

クオリティ高いのが見たら分かるよね〜。
見てるだけでだいぶ楽しい!

私は今まであんまり革靴を所有したことがなかったから、詳しくなかったけど
お店のお姉さんが熱心に教えてくれました。

革靴には大きく分けて4種類のタイプがあるみたい。

オックスフォード
→模様が入っている物が多く、紐がある。タイトめな作りでフォーマル用。

ダービー
→紐付きタイプ。オックスフォードより履きやすい。

モンク(ダブルストラップ)
→紐がなく甲の部分に二本ストラップがついてる、ブーティーみたいなデザイン。

ローファー 
→日本の学生が履くタイプの馴染みのある革靴。

この写真だと、左上がモンク(ダブルストラップ)
右側の木箱に乗ってるのの手前がダービー、その隣がオックスフォードになります。
(こちらの写真のは全て女性用)
ローファーもプレーンなのから、タッセル付きもあったよ!

あとはこの写真の右上に写ってるけど、冬に活躍しそうなサイドゴアブーツもありました。
サイドゴアブーツ、履きやすくていいよね〜。
私が持ってるのはZaraの合皮バージョンですが・・。

全ての靴に歴史的背景があり、軍用に作られたとか面白い話をいっぱい聞けた!

 

 

 

 

こちらの店舗にはなんと地下があり、そこは展示場になってました。
一般開放されてるから普通に入れるよ。

今は、ブランド創立13周記念ってことでこんなかわいい展示が。

ここに普通に入って、SNS映えしそうな写真を撮ってOK!ってことで、
私はポージングをするのが壊滅的に下手なので
お店のお姉さんに「目線そらしてー」とか言われながら、
バシバシ指導してもらいながらなんとか撮った・・のがこちら↓

どう??
いけてる??
口開けて大っきく笑ったらちょっとアホみたいなってるけど。

いやーー台湾人女子ってこういうのみんな自然にできるよねー!
私は無理です(^O^)/
これまじ精一杯!

 

 

 

 

ぎこちないモデリングをしたあとは試着ターーーーイム!

こんな素敵空間でゆっくり試着できるよー。

台湾人男性でも結構足のサイズが小さい人もいるようで、
男性用デザインの靴もかなり小さいサイズまであるみたい!
物によっては23.5cmまで展開してるタイプもあるので、それなら女性でも履ける!
男性用がメインのブランドなので、女性でも選べる靴が多いのはナイス。

ただ私は足が25cmありまして・・。
男性用デザインを選ぶと足が大きく見えてしまうのが嫌だったので、女性用デザインのみ試着したよ。
女性用デザインでも26cmくらいまで展開してるから、足の大きい人にはかなり嬉しい( ^ω^ )

ちゃんと革靴に合いそうな服を着てきた!

今の8月の台湾やったらちょっと暑いけど、秋冬にはこのコーディネートいいよねー♪(´ε` )
12月くらいで肌寒くなったらタイツ履いてジャケット着てーってできるしね。
コーディネート考えるの大好きすぎてワクワクする〜。

結局4種類くらい試し履きした結果、私のチョイスはこれ。

きゃわーーーーーーー!

靴は結構な割合で黒が多いので、キャメルにしました!
このデザインで赤茶色もあったんやけど、ちょっと明るめな色にしようと思って。

私は足でかくて更に幅広甲高と、それはもう靴を探しにくい形なんやけど
このデザインはすぽっと入って、全然痛くない!
さすがクオリティ高い牛皮なだけあって、フィット感抜群でした(^O^)/

さらに、タッセル部分は取り外し可能なので、2つのデザインが楽しめてかなりお得感。

愛用するーーーー!!!!

 

 

 

 

更にこちらのブランドの靴はなんと・・
靴底まで皮でできてるのです。

後日オフィスで撮った写真でごめん。笑

こんな風にかかと部分以外が皮になってます。

お店訪問した時に、気になったので店員さんに聞いてみたんよね。
死ぬほど雨が多い台北で革靴履いて大丈夫?
って。

革靴=濡らしたらだめ!っていうイメージがあったので、
台北に住んで以来躊躇して買えなかったのもあったし・・。

すると答えは、

・靴を作る段階で一度皮は水につけて柔らかくしているので、
きちんと乾かせば問題なし

・それよりも直射日光に当たる方がダメージが大きい

とのことでした!日光がだめなのは初めて聞いたかも。

もし濡れてしまったら、除湿機のある部屋に置くか、風当たりのいい所に置いてきちんと乾燥させる!が鉄則みたいです。
それから皮の底は、水が中まで浸透しないようになっているし、
縫い合わせてる糸もワックスが塗ってある糸なので、そこから水が入ってしまうことはないとのことでした。

あと、お店ではアフターケアもしてもらえます。

かかと部分のゴムソールは、なんと1回目の交換は無料!
その他皮のダメージなんかは修理費がかかるけど、店舗に持っていけばちゃんとケアしてもらえます。

 

 

 

 

気になるお値段やけど、Webサイトに全て記載されているけど、
4500元〜6900元くらいです。

日本円が今は超強いけど、普段の3.6くらいのレートで考えても6900元で25000円ほどなので
手作りの革靴って考えたらそんなにめちゃくちゃ高い値段じゃないと思う!
日本でブランド物の靴買ったらもっと高いし。

本当に感動するくらい履きやすく、お店の雰囲気も大好きな感じやったので
みなさんにも見に行くだけでも是非行ってほしい!

お仕事用とか、ちょっといい靴履いてのお出かけ用とかに、
台湾旅行で一足、Made in Taiwanの靴を買って帰るのも全然アリと思います( ^ω^ )