台湾の人から感心されるけど未だに腑に落ちない話

台湾の人から感心されるけど未だに腑に落ちない話

今週水曜日は中秋節!
お月見のお祭りですね〜。
最近ずっと月がキレイに見えてるから、満月もきっとキレイなんやろうな。

 

知ってる人は知ってるやろうけど、そんな台湾の中秋節の不思議な文化といえば・・

 

焼き肉。
多くの場合、なぜか道端で焼き肉。

今週水曜日は、そこらじゅうで煙がもくもくなってることでしょう。

 

 

それはおいといて〜、台湾あるあるネタ。

 

台湾には、駐在員から学生も含めて、たっくさんの日本人が住んでる。
こんなに日本人にとって住みやすい国ないと思うし。

そして台湾人も日本が大好きで、みんな暇さえあれば日本旅行へ行く。

テレビでも日本の番組やってるし、安室ちゃんをみんな知ってたりとか
わりと日本の事知れてるはずやのに、よく言われる不思議な事があって。

 

 

 

それは、中国語でも日本語でも、台湾人の前で漢字を書いた時。

 

 

 

 

 

「漢字書けるんだ!!すごいねー!」

 

 

 

 

 

・・・・( ^ω^ )え?

 

 

最初は私が英語圏から来たっての知ってて、
「こいつ英語ばっか喋ってるくせに漢字書けるんや!すげえ!」
的なのかな?と思ったけど、そういうわけでもない。
だって私の背景知らん人からも言われるしね。

 

どうやら、

日本語=漢字使う

というのを認識してない人が多いみたいです。

 

 

え、でもあんた最近東京行ったって言ってたやん?
じゃあ電車の駅で「新宿」とか「渋谷」とか漢字で書いてあるのは何やと思ってたん?

って聞くと、

「あ、そっかー★てへぺろ」

ってなるんやけど。

 

でも、書けると思わんかった〜。
そんなに日常的に使うんだね!みたいな感じになる。

 

 

そこで調子にのって、

「だから日本人は中国語勉強したことなくても、見たらだいたい意味分かるんだよ★キラーン

的な事をいうと、

 

「まじで!!!すっげ!」

 

ってさらに感動してくれるので、おもしろいです。

 

 

 

はい、台湾、非常におもしろいです。