台湾に住んでて思う、不思議なこと

台湾に住んでて思う、不思議なこと

最近、台北にしてはめずらしく!
きれいな夕焼けが毎日見えるよー。

ここ2週間くらいほとんど雨も降らんし、最高の天気。
きれいな夕焼け見ると癒されるねー(^o^)

 

 

 

さて今日は、台湾に住んでて不思議やと思うことのお話。

 

私は台湾に2013年に移住して、今4年目。
最初の1年に語学学校行ったもんやから、中国語もそれなりに喋れる。

日本人の友達(在住者も、日本から遊びにくる子も含め)と遊んでる時に
買い物に行ったり、ご飯食べに行ったりするとさあ、

友達と喋る→日本語
店員と喋る→中国語

ってなるよね。当たり前やけど。

 

そしたら店員が、「あなたも日本人なの?中国語うまいねー!」って言ってくれる事がよくある。
在住の人は分かると思うけど。
台湾の人優しいし、よく褒めてくれる。嬉しいよね。

*英語圏では、ローカルがほとんど「英語話せて当たり前」って思ってるので
言語が話せなくて罵られることはあっても、
話せるからと言って褒めてくれる人はほとんどいない。笑

 

言語を褒めてくれるのは嬉しいし、素直にありがとうー!って思うねんけど、
その次の質問が。

 

「台湾には初めてきたの?」

OR

「台湾には何日くらい遊びに来てるの?」

 

のどっちかなんですね~。

 

 

この4年間、ずっとそう!
すーーーーごい不思議なんやけど、
台湾の人たちは台湾在住の日本人だとは思わない・・・みたいやなぁ。

中国語バリバリで喋ってるのに!

てゆーか、日本から来てる旅行者で中国語スムーズに話せる人、結構レアやと思うけど。笑

 

 

Sarcasticな私は、「何日来てるの?」って言われたら
365日×4年で「1500日くらい」って答えたくなるけど、ガマンしてるよ!!
言ってないよ!!

 

 

一回だけ、トラックでイチゴ売ってたおっちゃんに同じこと聞かれたから
「住んでるよー」って答えたあとに、
「遊びに来てる日本人は中国語話せへんやろ?」って言ったら、

「あ・・会ったことあるよ!そういう人に!」

ってすごい勢いで言われたので、プライドを傷つけてしまったのかもしれません。

 

それでさー、「こっち住んでるよ、4年位ー」って答えると

え、すごーい!

中国語もペラペラやしね!

一人で台湾で生活してるなんてほんとエライね!!!

と、べた褒めされます。

別にすごくないよ!

 

そこからだいたい、

・台湾の食べ物には慣れた?気候は?暑いでしょ?
・日本には帰らないの?
・なんで台湾選んだの?日本のが全然いいのに!
・臭豆腐食べれる?
・マーラー火鍋は食べたことある? etc etc…

という質問攻撃にあいます。

台湾の人ってみんな基本フレンドリーで人懐っこいから、
こういうノリ嫌いじゃないし、別にイラついてるわけでもない。

 

話ずれたけど、この「遊びにきたの?」の質問、
とりあえず不思議。

でもどうする事もできひんから、毎回「住んでるよ★」って愛想よく答えるか、
いつかさらっと「1500日」をかましてみようと思います。