台湾で外国人が一番簡単に作れるクレジットカード★台灣永旺信用卡 台湾イオンカード★

台湾で外国人が一番簡単に作れるクレジットカード★台灣永旺信用卡 台湾イオンカード★

今日はかなーり在住者向けの記事になってしまいますが。
台湾で私がクレジットカードを手に入れるまでの奮闘記です。
興味ある方はお読みください(^O^)

 

 

 

 

台湾に住んでもう5年。
最初の一年はビザなしで学生、その後1年ワーホリで仕事をして、
3年目になる年にやっと居留証を手に入れました。

銀行口座は台湾では(2013年時点では)居留証なしでも作れたけど、
もちろんクレジットカードは作れない。
ただ、銀行のキャッシュカードがデビットカードになっているので、ネットの買い物なんかは問題なし。

でもクレカじゃないしな〜〜
クレカでマイレージとかのポイント貯めたいな〜〜と思い、

ワークパーミットを手に入れて、居留証が手に入った時に
銀行に「クレジットカード作れる?」って聞きに行ったのです。

答えは

 

N O !

 

それはもうびっくりするほど強いNO。
話を聞いたら、台湾では外国人に対するクレカ作成の条件がものすごい厳しいとのこと。

ちなみに、「日本のクレカ使い続けたらいいんじゃない?」って思った方がいるかもしれませんが、
私は日本でバイト以外の仕事をしたことがありません。
なので、日本のクレカを持ったことがありません。
ずっと働いてたNZではクレカ持ってたけど、台湾移住の時にデビットに変更して来ちゃったので、
この5年はクレジットカード持ってなかったのです。

でもでも最近デビットではないクレジットカードを手に入れたので、
その経緯を書いていきます。

 

 

 

 

⒈外国人が台湾でカードを作るための条件

銀行によって多少違うと思うけど、
私が何件か銀行をまわって、居留証を持っていて仕事しているというのを話した上で聞かれたことは

  • 年収は100万元以上ある?
  • 台湾に貯金100万元以上ある?

でした。

 

 

ないわ!!!!!!
現地採用じゃボケ!!!!!!

 

 

と銀行の人に言うわけにもいかず、「う〜ん、ないです(てへぺろ)」みたいな感じで答えると、

「じゃあ無理です。不好意思」

と一応謝ってはくれるものの、どこもかしこも門前払い(´Д` )

 

あと、「台湾で発行されたクレジットカードをすでに最低一枚持ってる?」っていうのも聞かれたけど、

「いや、条件厳しすぎてどこでも作れなくて持ってないから
この銀行はどうかなと思って今聞いてるねんけど?( ^ω^ )」

って言ったら、申し訳なさそうに「ハオ」ってなりました。
銀行員の人たちも外国人がなかなかクレカ作れない事情を理解してて
人によってはめちゃくちゃ同情してくれる。
半ギレでsarcasticに答えてごめんね。

 

駐在員で、日本と同じ給料をもらってる人なら問題ないかもしれないけど、
現地採用で年収100万元っていうのは多分管理職くらいでないと無理な話。

台湾人の人なら、若い子で年収が30万元とかでもクレカ作成問題ないらしいけど、
やっぱり外国人っていうだけでハードルが上がる。

過去にたくさんの外国人が借金ブッチして高飛びしたん・・・?
ていう疑問が芽生えたけど、それは心の中にしまって置くことにします。書いてもたけど。

 

 

 

⒉じゃあ台湾楽天カードは?

3年前くらいかな?
台湾にも楽天がある事を知って(その時期くらいに台湾に来たのかな?)、
2年前くらいに台湾楽天カードの存在を知りました。

日本で楽天カードといえば、一番審査が通りやすいカード!
収入がほぼなくても作成できるって聞きます。

それで調べてみると、ウェブサイトにはこう書いてある。
(台湾楽天サイトの画像・クリックで拡大)

5番のところに、残り期限6ヶ月以上の居留証がある外国人は申請できるって書いてある。

 

それでも銀行がトラウマすぎて、信用できなかった私は
カスタマーサービスに電話してみた。

 

すると、

 

 

 

「年収が100万元以上ある外国籍の方ならできますよ」

 

 

 

 

それやったらそうと最初からサイトに書いとけ!!!!!!

ハゲ!!!

I just have wasted my time, energy, and breath on you!!!!

 

 

 

と、八つ当たり気味にまた心に深い傷を負ったのでした。

 

 

 

 

⒊ノーマークだったイオンカード

 

・・・もうクレジットカードなんていらんわ。

デビットカードさえあれば十分やし?
飛行機のチケット取れるし、海外でも買い物できるし。

てかむしろ無駄にお金使わんし、その方がええやん。
応援の声:そうやそうやー(^O^)/

 

と、自分に言い聞かすステージまで行って、クレカの事なんか考えもしなくなってた時に
ひょんなことから台湾イオンカードがあるというのを知りました。

台湾イオンカードWebサイト

相変わらず条件とかは書いてないので、思い立ったら行動派の私はまた電話してみることに。

 

 

電話して、日本人でカード作りたいから条件聞きたいんですけど〜〜って言ったら、

「あ、日本語で大丈夫ですよ!」

ととっても親切な台湾人のお姉さんが言ってくれる。

そうです、ここはイオン。
社員の人が日本語話せるのです!
それにしても日本語超うまかった。
私の中国語が恥ずかしくなるくらい日本語上手・・・。

 

で、こっちで数年働いてて、居留証の残りが6ヶ月以上あると説明して、
改めてカード作成の条件を聞いたところ

  • 外国人でも30万元以上から作成可能
  • 年収50万元以上あればゴールドカードも作成可能

え?
と、耳を疑うような事を言われた。

信じられなかったので、2回は聞き返しました。
うっとしい客でごめん・・・笑

 

正直、イオンカードのサイトを見ても、それほど魅力的な特典はなかった。
マイレージのもないし、ポイントの使い方もイマイチ分からない。

でも、↑に書いた他の銀行で聞かれた事を覚えてますか?

「台湾ですでに発行されたクレカを持ってる?」

って聞かれた事を。

ということは!
今後、台湾の他の銀行のマイレージカードを作りたい、ってなった時に
一枚すでに持ってたら100万元の壁を突破できるんじゃないのか!?と思い。
カスタマーサービスのお姉さんも優しいし、
サイトから申請書をダウンロードして、早速申請してみることに。

 

 

待つ事2週間。

ついにきたよーーーーーーーー!!!(^O^)/

久々のクレジットカード!

銀行で断られ続けたあとに、こんなにスムーズに発行できるとは正直思わなかった。
デビットはvisaとmasterを持ってるので、JCBにしてみました。
欧米行くとJCB使えないところもあるけど、台湾ではほぼ使えるので問題なし。

特典は、なんか特定の日本から来たチェーンの飲食店とかで割引になったりするみたい。
でも今回は別にポイント目的で作ったのではなく、
のちのちのためにとりあえず一枚クレカ発行したっていう実績が目的なので、これでよし。

あとは、いざという時のためかな。
もし突然病気になって入院しないといけなくなった!とか、そんなんで突然お金が必要になった時用。
まあないと思うけどね。

 

というわけで、台湾でクレジットカードが作れなくて悩んでいる現地採用の仲間たち。
結構いると思うけど。

デビットカードではなく、クレジットカードが欲しい!って方は
この素晴らしい台湾イオンカードにトライしてみるのもアリかもしれません。

 

 

おまけ

最近いきなりオフィスに私宛の荷物が来て、
何か頼んだっけ??と思っていたら。

なんでも調理できる台湾発の文明の利器・電鍋やん!!!

そんなん買った覚えない!!

 

って思って箱よよく見ると、
イオンカードからの入会プレゼントでした(^O^)
*プレゼントがあったことも知らなかったので、絶対もらえるかは分かりません。

 

初・電鍋です実は。
しかもこれ一人暮らし用の小さいやつ。超かわいい。
キッチン狭いから炊飯器すらなくて、米を鍋で炊く生活をこの5年間してました。(鍋で炊くの超うまいよ)

これからはもう米を鍋で火加減見ながら炊かなくていい。
なんなら、他の料理とかもいろいろスイッチポンでできるやん。

 

 

なんかもう、いろいろありがとうイオンカード!

大事にします( ^ω^ )