その発想はなかった!○○を塗る、台湾の朝ごはんスタンドのサンドイッチあるある

その発想はなかった!○○を塗る、台湾の朝ごはんスタンドのサンドイッチあるある

台湾生活2年目から仕事を初めたわけですが、
こっちのカルチャーで驚いた事の一つが、

みんな会社で朝ごはんを食べる

ということ。

 

自炊文化のない台湾。

一人暮らしのアパートで、1万元以下の安い所を探すと
キッチンがついてないのがデフォルトやったりするし、
なんせ外食が安いから、みんな家でご飯作らないんねー。

だから、朝ごはんも駅の周りとか、色んな所に出てるお店やワゴンみたいなので買って、
持っていってオフィスで食べる。

 

最初はなんか慣れなくて、えー!って思ったけど、私は朝が弱い。
とにかく起きるのが毎朝辛い!

基本朝に時間がない→朝ごはんスキップ!とかもよくあるから
この文化がありがたすぎて、ソッコーなじんだ\(^o^)/
というわけで今ではオフィスの最寄り駅に出てる、朝ごはんスタンドで色々買ってって食べるのが多いかな。

 

そんな台湾朝ごはん。

みんな豆乳とマントウみたいな伝統的なものばっかりじゃなくて、
結構サンドイッチとかいっぱい売ってる!
その場で肉焼いて作ってくれるとこもあったりして、コンビニで買うより全然フレッシュでおいしいよ。

豆乳とマントウとかもおいしいけどね。
あと大根餅もね。
台湾基本うまいよねなんでも。

 

 

ところでその台湾式サンドイッチ。

見た目はこんな感じで、普通でしょ?

ベーコン、たまご、トマト、きゅうり、で普通!
このサイズ2つ入ってて35元と、お値段もありがたい。

 

 

でもなー、最初食べた時はびっくりしたなー。

 

 

だって、この部分、
マルで囲ってある部分、

茶色いソース?

 

いいえ、違います・・。

 

 

 

 

ピーナッツバター

 

 

なんです。

 

 

一口食べて、甘い!!(゚∀゚)ってなったのは数年前の事。
アメリカでは、塩辛いのとピーナッツバターのコンビネーション多いのかな。
でも私の常識ではなかったから、ビビった。

 

でもねー私もともとピーナッツバターめっちゃ好きやし。
ピーナッツバターへの愛が感じられる記事はこちら)

 

塩辛いベーコンと、甘いピーナッツバターの
デブ活コンビネーションにハマって

今では

超おいしい!

と思うようになりました\(^o^)/

 

 

日々、台湾人化!