いつも賑やかな台北の街が30分だけゴーストタウンになる日

いつも賑やかな台北の街が30分だけゴーストタウンになる日

またまたブログの間が開いてしまいました!

というのも先週風邪引いちゃって。
台湾の落とし穴やけど、この国は今の真夏になる時期に一番風邪を引いてしまう。
だってさーー、エアコン。寒いんやもん・・。

まだ35度に体が慣れてなくて、それで室内に入ると20度とか。もしくはそれ以下?
私が最初に台湾へ移住してきたのも5月で、
その時も割とすぐに風邪を引いてしまいました。
というか、同じ時期に来た語学学校の友達、かなり風邪引いてました。笑
なので、旅行で来る人は特に!みなさんお気をつけて。

 

 

久々の記事のわりに小ネタなのですが。

今日6月4日は、30分だけ街がゴーストタウンになる日だったのです。

 

 

 

その理由は、防空演習。

一応いつとある国がせめてくるか分からない状況の台湾。
移住するまで知らんかったけど、若い男の子は徴兵制がある台湾。

年に一回、サイレンが鳴って、30分間外出禁止。
それがいつも6月始め。
そして毎回午後1時半〜2時の間なので、
仕事してる人も学生にもあんまり影響が出ないっていう。

 

 

 

今のオフィスはラッキーな事に屋上へのアクセスがあるから、
私はこの日はいつも車が走ってない街を見に行ってしまう!

ほら、こんな感じで道に車が走らない!
それもそのはず、この時間に道歩いてたら最大15万元の罰金なんです。
高すぎ・・・(´Д` )

すごいよね、この風景。
いつもは渋滞しまくりの台北の街やのに。

 

 

 

 

今日は天気が良かったから、101も綺麗に見えた!

仕事がむちゃくちゃ忙しかったから、ささっと写真撮ってすぐ戻ったけど。
来年は、サイレンが鳴って車がなくなる瞬間とか見たいな〜。

 

 

台湾はこんな一面もあるよってことで。

てか、観光で来てたらこれびっくりするよね。笑