ドイツ人監督が撮影する、台湾LGBT事情ドキュメンタリー映画プロジェクト★Taipeilove -the documentary★

ドイツ人監督が撮影する、台湾LGBT事情ドキュメンタリー映画プロジェクト★Taipeilove -the documentary★

今日は、私の個人的な友達がディレクターをしていて、
私もすごくサポートしているプロジェクトをブログで紹介させてもらいます!

いつもの飯テロブログとはちょっとテイストが違うけど、
Cocoはこういう面もあるんやと思って見てください。笑

 

 

台湾は、LGBT先進国だという事は前から少し書いてます。

参加者なんと12万人!日本の歌手も来た2017年台北LBGTパレード報告

去年あったプライドパレードにはなんと12万人が集まって、
日本のあの超有名歌手も参加しにきたりして。

 

 

 

私も実は(昔からやけど)身の回りにストレートの友達いるの?って言われるくらいLGBTの友人が多くて、
いつも仲良く遊びにいったりご飯食べにいったりしてる。

彼、彼女たちはだいたいものすごくオープンマインドで
私が外国人である事も気にせずに、言葉の壁があってもなくてもいっつも仲間に入れてくれる。
すごくいい友達ばっかり。

 

そんな友達のみんなが、立法院の前にプロテストをしにいったのが2016年の年末のこと。

台湾で同性婚を認めないのは憲法違反だ、という事を主張するために
一番多い時で18万人も集まって、政府に訴えつづけ、
ついに去年の7月?やったかな?に、

2年以内に同性婚を合法化する

という判決がくだりました。

もうその日は私のFBはお祭り状態!笑
私が以前住んでたNZも2013年に合法化してるけど、アジアでそうなるのは簡単じゃないのは分かってた。
でも友達のみんなの喜びようが何より嬉しかった。
願いが叶ってよかったね。って心から思いました。

そのあたりの話は、台湾ブロガーのゴダさんのブログに詳しく書かれてあります!
とっても読みやすくて分かりやすい記事なので、こちらからどうぞ〜。

 

 

 

そんなLGTB先進国の台湾で、今私の友人でもあるドイツ人の女の子が
Taipeilove -the documentaryっていう
ドキュメンタリー映画を撮影しています!

Facebookページ

ヨーロッパ人が台湾LGBTについてドキュメンタリーっていう形で取り上げるのは史上初なんだとか。

内容は、台湾人の3人の同性愛者(セーラ・デイビッド・ケビン)にフォーカス。
3人の人生で、カミングアウトした時の事とか家族の反応、
社会や文化的な期待とかタブー、
そういう苦しかった事なんかをわりと赤裸々に語ってる。

 

 

日本語字幕のトレーラーがでたのでシェア〜。

私は初めてトレーラーを見た時に、それだけでちょっとウルっときた。

なんか、今までしんどかったよね、っていう共感とか
台湾がすごい事をしようとしてるっていう実感とか色々な感情が出てきたかな。

だって今まで誰のせいでもない、自分のセクシュアリティで
人生がハードモードになっちゃって、嫌な思いをいっぱいいっぱい人たちが
台湾が法律を変えるだけでみんな報われる。

そりゃあ法律が変わるだけで、家族がいきなり優しくなる!とかはないかもしれないけど。
でも、私の台湾での親友の一人(まだ親にカミングアウトしてない)は

「台湾で合法化されたら親に言おうと思う。

国がサポートしてくれてる気がするから」

って言ってたし。
間違いなくいろんな人たちの自信には繋がるし、
それでたくさんの人が生きやすくなればいいと思う。

 

 

興味のある人は、ぜひFacebookページをフォローしてください。
あと、トレイラーもSNSでシェアしてもらえたら、ディレクターの友達が喜びます!

私は来年は確実にまだ台湾にいるので、
台湾で同性婚が合法化される瞬間に、すてきな友達のみんなと一緒に祝えたらいいなーと思います♪(´ε` )