【閉店】ユニークでレトロな店内で食べる、激ウマ台湾家庭料理★阿才的店★

【閉店】ユニークでレトロな店内で食べる、激ウマ台湾家庭料理★阿才的店★

【2018/4/24追記】

このお店、ディープな感じで料理もおいしかったのに、最近閉店してしまったらしいです・・。
残念!

でもまた開く?開かない?みたいな噂を聞くので、
記事は残しておきます!

前に書いた記事↓

=====================================

最近ヨガ・ジムをサボりまくってたらしっかり太ってました。Cocoです。

ちょっと朝夕が涼しくなってきたね~。
4年目になるとすっかり台湾の気候に慣れて、25度を切ったら長袖いるかな?と思うようになる。
最初は「台湾人が20度近くあるのにダウン着るの意味わからん!」てゆってたのに
今では私も18度くらいなったらジャケット必要な身。
日本とか冬行くと多分凍えて死んでまう。

 

夏が終わるのがちょっと寂しいのは、多分夏がイベント盛りだくさんの遊びまくれる季節やからで、
今年も例外なく遊び倒した!

前々から書いてるけど、7月・8月に海外から友達が来まくってて、
その時にヒットやったごはん屋さんを紹介~!

 

ここのお店、なんか日本でもテレビで紹介されたりして有名みたいやったけど。
初訪問~。

阿才的店

住所:台北市仁愛路二段41巷17号
 営業時間:17:30~1:00
電話:02 2356 9109

 

場所は、忠孝新生駅と東門駅のちょうど真ん中くらい。
どっちの駅からも歩いたら10分くらいかな~て感じ。

 

隠れ家的な感じで、というかお店が一軒家スタイルなので、
入り口がものっすごい入りにくい雰囲気。

一応看板あるよ。

 

 

日本から来てた友達をここに連れてきたかったのは、
中がユニークって聞いてたから。

あと料理も、中華料理じゃなくて台湾料理なんです。
昔からの、台湾の家庭料理って感じで、
いわゆる中華料理とは一味ちがう。

 

中は、歴史あふれる感じ!
レトロで、昭和っぽくてかわいい。

テーブル席と座敷があるけど、靴ぬぐのめんどくさいから間違いなくテーブル席!
この日はあんまり混んでなかったから選べた。

そしてこの写真、どっちともお店の2階席なんやけど、
なんでも1階は常連さん専用らしく。

常連さんじゃなかったら、店入った瞬間に「2階行ってねー」と言われます。
確かに1階、なんか地元のオッチャンぽい人たちがビール飲んでカードかなんかして遊んでた。

 

メニューはこんな感じで、そんなに高くない。

4人で行って、シェアして何品か頼んだから、おかず系は全部小サイズにした。
台湾もポーションサイズでかいから、大にしたらえらいことなる・・。

 

色々食べたよ。
何食べてもおいしいんやけど!

 

油條蚵仔

油條(ヨウティァオ・揚げパン)とカキの炒め物!
ちょーーー台湾って感じで、シンプルでおいしい~。ほっこりする。

番茄蝦仁

番茄(ファンチエ・トマト)と蝦仁(シアレン・エビ)の炒め物!
エビのぷりぷり具合が!!!!やばかった!
激ウマー\(^o^)/

什錦海鮮炒飯

「什錦(シージン)」とはミックスのこと。
ミックス海鮮チャーハンてことです。

なんか、ぷにぷにしたよく分からんものが入ってて、ラード?とか思っておばちゃんに聞いたら
「海參!(ハイシェン)」って言われて。
ハイシェンってナマコやねんけど、果たしてほんまにナマコやったのか・・。
コリコリしてなくて、ぶにぶに~って感じやった。謎。
おいしかったけどね!

 

あとは、

ハマグリの炒め物とか~

ホルモン盛りだくさんのディッシュとか。

この2つはメニューで何やったか忘れた!ごめりんこ!

 

この日は4人でビール6本あけて、これ以外にも数品頼んでて、お会計3000元ちょっとやったはず。
一人750元くらいっすね。
このクオリティで、ビールたらふく飲んでって考えたら高くない\(^o^)/

 

こじんまりしてて、アットホームな感じのこのお店。
他の台湾料理店と雰囲気違うし、おいしいからオススメです!