台湾南部最高~!フレンドリーな高雄の人たち

台湾南部最高~!フレンドリーな高雄の人たち

この間、台湾第二の都市、高雄へ行ってきました。
高雄Wiki

 

高雄へちゃんと遊びにいったのは2回目。
ちゃんと、というのは、高雄の高鐵(ガオティエ・台湾新幹線のこと)の駅は
台湾最南端のリゾート地墾丁(ケンティン)へ行くのに何回も利用してるけど
高雄市内で遊ぶのは2回目。

しかも前は、まだそんなに中国語喋れない時やったし
高雄出身の友達に色々連れてってもらったから、地理もイマイチ分からず。

今回の方が全然ディープな旅行になったので
徐々においしかったものとか、楽しかったものとか、紹介していきます!

 

まず、台湾南部は、人がフレンドリーであることで知られてる。

南部やから暑いし、台北にくらべて、東南アジア感が強いっていうか
いい感じにアイランドタイムやったり、の~~んびりしてる。

人も少ないしね!

 

そんな高雄でスタバに行った際に、店員の女の子に

「外国人でしょ?何人?」

って聞かれて、ちょっと会話した。

 

お察しの通り、私はまず日本人やと思われない・・。
服装のせいなのか。それとも態度なのか。

 

台北に住んでて、週末で遊びにきてるよー
もう4年くらい住んでるよー
てな当たり障りのない会話をしてから、出てきたコーヒーがこちら。

 

 

Cocoさん(@cocointwgram)がシェアした投稿

 

嬉しいことしてくれるやん!!!

「高雄へようこそ!中国語うまいね!」

と書いてあります。

 

前に住んでた南半球の羊の国では、みんなものっすごいフレンドリーやから
なぜかカフェの店員と話し込んでる!とかよくあったけど、
台北ではまずスタバ(年に2回くらいしか行かんけど)の店員とちゃんと話すこともないから嬉しかったー。

やっぱこういう、カジュアルでフレンドリーな街が好きやな。

 

楽しすぎた高雄、また記事で紹介していきます!