台北おすすめフルーツティー「一芳(イーファン)」

台北おすすめフルーツティー「一芳(イーファン)」

50嵐は何度か紹介していますが、今日は違うお店の紹介!
お茶屋さんの紹介しすぎ~\(^o^)/
だって台湾のお茶、まじ最高なんやもん。

はい、というわけで今日は比較的新しいタピオカミルクティー屋さん、 というかこのお店のイチオシは水果茶(シュェグオチャー・フルーツティー)なんですが
一芳(イーファン)というお店です。

 

一芳  HPはこちら 

住所:台北市大安區延吉街153-8號
  私はいつもこの延吉街店舗へ行きます。

 

場所は、忠孝敦化と國父紀念館の2つの駅の間ぐらい。
忠孝東路と延吉街のコーナーから、仁愛路方面へ歩いていきます。

 

するとこの看板が見えます。

 

お店はこんな感じ!

 

 

のれんとか、木のメニューとか、フォントとか、全てかわいいよね。
レトロというか、それでもってアーティスティックというか、センスいい!

このお店、お昼時にはすっごい行列になります。
しかも近辺のオフィスの人たちが10個、20個単位で電話注文するみたいで
列がなかなか進まない時もしばしば・・。

メニューは、カウンター横の木の所にも書いてあるけど、ちゃんとレジの所においてあります。

 

英語版が!(クリックで拡大)

 

前はなかったけど、やっぱり台北は外国人多いし、置いておいた方がビジネスのためになるんでしょう。
そりゃそうやな。

 

ここのお店のイチオシは、なんといっても水果茶(シュェグオチャー)!
このお店のフルーツティーは

・ベースが緑茶
・パイナップル果肉
・りんごスライス
・オレンジスライス
・パッションフルーツ果肉

が入った、とっても豪華な飲み物です!

 

中サイズが50元、大サイズで60元。
砂糖の量は私にとっては微糖で十分で、氷はいつも少なめ。
→台湾でのお茶のオーダーの仕方記事はこちら

 

オーダーし終えたら、レシートと一緒にこんな番号札をもらいます。

 

ドリンクができたら、レジ横のパネルに番号が表示されて呼ばれるのでもらいにいきます。
今日オーダーしたのはもちろん水果茶!
久々やし、ワクワク〜。

 

それでは、その外見をどーん!

見た目がかわいい!
インスタ生え(最近学んだ言葉)しそうですよね。

 

ちなみにこれは大サイズ。
台湾のドリンクスタンドの大サイズはだいたい700mlです。
仕事の合間に飲んでたら数時間持ちます。
あんまり水分取らない日本人の女の子とかは、500mlの中サイズで多分足りると思う。
それか友達同士で大サイズをわけわけしてもいいかも。
(私は日中ものすごく水分取る人なので常に一人で大サイズ)

 

微糖にしたら甘すぎないし、パッションフルーツがぷちぷちしておいしいし、
何よりビタミン取れてるー!て感じで、これもうほんま大好き。
暑い日、スッキリしたい日、眠たい時、どんな時でもイケる。
そしてこのお店の全部のメニューはこんな感じ。(クリックで拡大)

このお店にももちろんタピオカミルクティーはあります!
メニューにある、粉圓鮮奶茶(フェンユエンシエンナイチャー)というのがタピオカミルクティーです。
中国語でタピオカは、粉圓(フェンユエン)と呼ばれたりもします。

 

ただし!
このお店のタピオカミルクティーは私の中でイマイチ・・・。
なんやろう、フルーツティーの方がおいしすぎるからかなー。
タピオカミルクティーなら、50嵐とか他のお店を選びます。

 

このメニュー書いてあるチラシの裏みたら、新しいメニュー?が載ってた。

日本語に訳すと、ハイビスカスレモンティー。
めっちゃ夏に良さそうな感じ!

この、洛神(ルオシェン)というのはハイビスカスの一種。
日本とかで見る「ハイビスカスティー」はこれで作られてるそうです。
英語ではRoselle、日本ではローゼルと呼ばれてるみたいです。
ビタミンCとクエン酸が豊富で、疲労回復に良いんだとか。
次絶対これ飲むー!

台湾旅行で、みんながあまり飲んだ事がないであろうお茶屋さんをお探しの方。
この一芳、おすすめです!